第一生命株価と急落について

第一生命株価に関しては楽観視されていて、その要因としてはアベノミクス政策によって株高になっているので、機関投資家でもある生命保険会社の株価は上がり続けるというもので、必ずしも生命保険の加入者の増減によって急落をするなどの局面はないとされています。
第一生命株価などが急落するとしたら、バブルが弾けるなどの急激な株価の変化によるもので、バブルが崩壊した当初は銀行株や生命保険会社の株は日経平均とともに急落をしました。
しかし現在は状況が違っていて、2万円台で安定的に推移しているので第一生命株価も非常に安定しています。
急落をするとしたら中国の経済市況やアメリカの経済市況などが原因になることが考えられるのですが、とくにアメリカでは利上げをするという予想がされているので、万が一利上げが行われると日本の株式市場の資金がアメリカに流出する可能性もありますが、それ以前に新興国の資金がアメリカに向かって動くのでそれによって、日本の株式市場もある程度のダメージを受ける可能性があります。
現在の日本は安定していて、消費増税などの負の要因はあまりなくなっています。
また財政的にも非常に安定していて、国債価格は世界的にも安心して投資できるレベルにあります。
アメリカの利上げによるリスクはアジアでは韓国やインドネシアなどが大きいとされていて、これらの国の国債が売られることになると新興国を中心に経済不況が起きることが予想されています。
現在でもブラジルやギリシャなどでは経済状況が悪化しているので、これに新興国の不況が重なることで世界経済にも悪影響が及ぶことが懸念されています。
しかしアメリカはこれ以上の金融緩和を放置しておくとバブル状態になる懸念があります。