カーチスのように出来高の少ない銘柄の株価の動き

カーチスは出来高もそれほど大きくなく、どちらかというと不人気に部類する銘柄のひとつです。
カーチスのように出来高の少ない銘柄というのは、売買されることが少ないわけですから株価に関しても軟調になりやすく、大きく下落をするということもなければ大きく上昇をするということもありません。

安定しているといえば聞こえが良いものの、少し多く株を持っている人が売りに出したらそれだけで、大きく株価が下落してしまう危険性を秘めている銘柄でもあります。
その逆も然りであり、誰かが大きくカーチスの株を買えばそれだけで値が大きく動くこともありますから、必ずしも出来高が少ないというのは悪いものではないのですが、一般的には注目度の低い株というのは株価が上がりにくいものとなってます。

株価の上昇には多くの人の買いが必要ですから、出来高が増えることが重要となるわけですが、その肝心の出来高が少なければ株価の上昇が見込めずに、投資対象として選ばれづらくなってしまいます。
そして、そのような状況になってしまうことからますます取引が減ってしまい、全く株価が動かなくなってしまうということになるのです。
そして、このような銘柄というのは何かあった時に、上に行くにしても下に行くにしても大きく動きやすい傾向にあるので、出来高の少ない銘柄に投資をする時には、動き始めると大きく動く可能性があるということを理解した上で投資をすることが重要となります。

値動きの少ない銘柄の中には長期で保有をしようとする、腰の据わった株主の多い企業もありますから、投資をする際にはどのような理由で株価が動かないのか、出来高が少ないのかということも考慮して投資をしましょう。