恐るべしヤフー株価と企業業績

株式投資はギャンブルではありません。その企業の業績が順調に伸びていくだろうことを分析した上で投資を行っていくものです。業績が伸び続ける限り、特に事情がなければ慌てて売る必要はありません。株を所有していれば配当もありますし、様々な優待制度もあります。典型的な例がヤフー株価でしょう。ヤフー株価恐るべしとマスコミなどでもいろいろ取り上げられたのでご存じの方も多いと思いますが、いったい何が恐るべしと騒がれたのかというと株価が上昇率が尋常ではなかったことです。鳴り物入りで上場1997年当時の売上は12億円そこそこしかありませんでした。だから、当時公募価格70万円でも高いと感じた方は少なくなかったはずです。しかし、その後上昇しつづけついに1億円を超えたとき、ニュースにもなりましたね。

この恐るべしヤフー株価の背景には、順調な企業業績があります。毎年200%以上の成長を遂げ、上場以来500倍の売上がアップしているのです。それに伴いヤフー株価も驚異的に上昇していきました。たとえば150万円でヤフー株を購入した人は、10年後に3億円になっているという計算になります。これをまるで宝くじを当てたようだと評する人もいるでしょうが、企業の体質や方向性、それに伴う業績など、冷静に分析すれば当然の結果だというも言えるわけです。株式はギャンブルではないというのは、ヤフー株への投資を見ればわかります。もちろん、ヤフー株もリーマンショックのあおりを受けて、大きく落ち込みました。今後の見通しは未知数です。だからこそ企業として何をしようとしているのか注目する必要があるわけです。創業者の孫正義氏の動向は比較的メディアでも取り上げられることが多いので、企業の動向がわかりやすい会社とも言えますね。