村田製作所株価に影響を与えるアジアの動向

村田製作所株価に影響を及ぼす要因の一つにアジアの動向があります。
これは、村田製作所の主力製品である電子部品が出荷されている先の殆どが中国などのスマートフォン生産国であるためです。
例えばiphoneは殆ど全てを中国などのアジア各国で生産されていますし、Androidも韓国、中国などが主な生産国となっています。
このような小型の電子端末に使用される電子部品のシェアでは村田製作所は高い位置をキープしており、アジア各国の国内情勢の変化を村田製作所株価は影響を受ける事になります。
村田製作所だけではなく、iphoneに使用されている日本製電子部品が占める割合は半数を超えていると言われている事から、日本メーカーの役割は大きな位置を占めていると言えます。
スマートフォン市場はまだまだ拡大の余地が残されているため、村田製作所株価は一段の上昇が期待されていますが、仮に中国国内の政治情勢が大きく変化して中国国内の製造メーカーに影響を及ぼすような自体が起こるような場合には村田製作所株価にも影響を与えてしまう可能性があります。
しかし、現在のところそのような兆候は見られませんから、国内情勢は比較的今後も安定的に推移すると考えられ、このような政治的リスクが発生する可能性は低いものと考えられます。
更に、今後はapple watchなどのように端末の小型化が急激にすすむ事が予想される事から、更に小型化された電子部品や電子モジュールの需要は高くなるとみられており、村田製作所のこの分野における地位を頑強なものにしていくと期待されます。
この分野における日本の電子部品の地位は中期的にも高い状態に保たれていくであろうと予想されます。